« クアアイナ | トップページ | 赤ちゃん »

2007年10月29日 (月)

ぼんくら

宮部みゆきの「ぼんくら」を読みました。
短編集かと思ったんですが、連作短編でした。

江戸の鉄瓶長屋で殺人事件が起こり、それを発端に差配人や住民が次々と長屋を出て行ってしまいます。
次々と長屋から人が出て行ってしまう謎を同心である井筒のダンナが解決するのです。
普段、やる気のない井筒のダンナが頑張っている姿に好感がもてます。

時代小説が苦手だという人にもオススメです。

ぼんくら〈上〉 (講談社文庫)

|

« クアアイナ | トップページ | 赤ちゃん »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/32371/8671598

この記事へのトラックバック一覧です: ぼんくら:

« クアアイナ | トップページ | 赤ちゃん »