« パックスナチュロンハミガキ | トップページ | 千年ロマンス »

2007年7月 2日 (月)

鬼火の町

松本清張の「鬼火の町」を読みました。

隅田川で水死体があがり、御用聞きの藤兵衛が八丁堀の同心である川島から事件解決を任されます。
が、川底から豪華な煙管が発見されると、手のひらを返したように川島から探索の中止を言い渡されるのです。
納得のいかない藤兵衛は旗本の釜木と独自に探索をしてくのですが、次々と圧力がかかり邪魔をされるのです。

松本清張の時代小説を読むのは初めてだったのですが、とてもとっつきやすい作品でした。
文章もとても読みやすかったし、他の時代小説も読んでみようかなぁと思いました。

鬼火の町<新装版> 文春文庫 鬼火の町<新装版> 文春文庫

著者:松本 清張
販売元:文藝春秋
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« パックスナチュロンハミガキ | トップページ | 千年ロマンス »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/32371/7005117

この記事へのトラックバック一覧です: 鬼火の町:

« パックスナチュロンハミガキ | トップページ | 千年ロマンス »