« モチーフ編みの手提げ | トップページ | 冬至 »

2006年12月21日 (木)

嫌われ松子の一生

山田宗樹の嫌われ松子の一生を読みました。
文庫は上・下巻の2冊なんですが、風邪のために1日のほとんどを布団で過ごしていたわたしは読み切ってしまいました。

今日が最終回のドラマも見ているのですが、小説がほぼ忠実にドラマ化されているんだなぁと思いました。

幼い頃から病弱な妹に父の愛情を奪われ、父の愛情を自分に向けたいために必死に勉強し、ずっと優等生だった松子。父の希望を叶え、実家近くの中学校教師になりますが、その後は転落人生を歩んでいきます。
中学校教師を首になった後は、愛人、トルコ嬢、そしてヒモの男を殺して服役。出所してからは元教え子であるヤクザの女に。なぜか史上最悪の男ばかりを愛してしまう松子。
身も心もズタズタになった松子がもう一度美容師としてやり直してみようと決心した日に、公園でたむろしていた若者5人に殴り殺されてしまいます。
父親から愛されなかったことがトラウマになってこのような人生を送ることになってしまったのでしょうか・・・
なんとも切ない物語でした。

映画の「嫌われ松子の一生」も観てみたくなりました。

嫌われ松子の一生 嫌われ松子の一生

著者:山田 宗樹,空知 周太郎
販売元:幻冬舎コミックス
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« モチーフ編みの手提げ | トップページ | 冬至 »

コメント

みちさん、こんにちは♪
「嫌われ松子の一生」
映画やドラマでお馴染みになりましたね。
小説、面白いのですね!
風邪をひいてても、一日で読んでしまえるのですもんね。
で、風邪はもう大丈夫ですか?
この本、ぜひ読んでみたいです。

投稿: あばた | 2006年12月21日 (木) 21時14分

この本は、是非読んでおきたいですね!!
映画やドラマは観ていないけど、本だけは
今年中に…って、あとわずかかぁ(笑)

投稿: RARE | 2006年12月22日 (金) 05時21分

>あばたさん
風邪はだいぶよくなりました。
ご心配、ありがとうございます!

ドラマでストーリーがわかっていたせいか、すらすらと
読み進んでしまったのです。
おもしろいですよ~。

>RAREさん
あっと言う間に読み終えてしまいますよ~。
なので、年内でも余裕ですよ!
友人は映画が一番おもしろいって言ってました。

投稿: みち | 2006年12月22日 (金) 22時53分

映画「嫌われ松子」もオススメです!!!
私は映画→ドラマを見ましたが、ドラマのほうが原作に忠実なんですね。
確かに、ドラマのほうがリアルに「不幸に転落」していくし、松子役の内山理名さんがやけに不幸顔に見えてきます。
映画の松子は、時間の制約を逆手に取って、不幸に転落してくテンポもいいし、すごくポップな映像なので、ちょっとおとぎ話ちっくです。
ですが、考えさせられる部分は十分ある、見ごたえのある作品になっていると思います。
もうレンタルしてると思うので、是非見てみてください!

投稿: ドラゴン | 2006年12月23日 (土) 09時46分

>ドラゴン
映画の評判がなかなかよかったので、ドラマを見始めたんです。
映画はドラマとはまた違った感じなんですね。
たしか、谷原章介さんは映画にも出ているんですよね?

映画、お正月休みにでも観てみようかな・・・

投稿: みち | 2006年12月23日 (土) 21時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/32371/4627686

この記事へのトラックバック一覧です: 嫌われ松子の一生:

« モチーフ編みの手提げ | トップページ | 冬至 »