« 質屋のチャリティーセール | トップページ | マッキーマウス »

2006年11月14日 (火)

殺人の門

東野圭吾の「殺人の門 」を読みました。

主人公の田島と、その同級生の倉持の半生を描いた小説です。
歯医者の息子として生まれた田島はなに不自由なく育ちますが、祖母の死をきっかけに貧乏に落ちぶれていきます。その後も倉持に翻弄され悲惨な人生を歩みつづけます。

最後は倉持の長期的な計画に執念を感じました。

とにかく先が気になって一気に読み終えてしまった本でした。

殺人の門 Book 殺人の門

著者:東野 圭吾
販売元:角川書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 質屋のチャリティーセール | トップページ | マッキーマウス »

コメント

♪みちさん、こんにちは♪
東野圭吾さんってどんな人生を送ってきたんだろうって思うほど深いものを書きますよね。
「殺人の門」はノーチェックでした。
今度本屋さんで探してみます。
また面白いのがあったら教えてくださいね(^^)

投稿: あばた | 2006年11月15日 (水) 19時55分

>あばたさん
「殺人の門」はダンナさんも「おもしろい」と言っていました。
毛色としては、「白夜行」に近い気がします。
オススメですよ~!

東野圭吾の作品は、読んでいると先が気になって一気に読んでしまう・・というものが多いですよね。
実は「殺人の門」のあとにも1冊読みました。
それは後日・・・

投稿: みち | 2006年11月15日 (水) 22時53分

あー、これはまだよんでないですー。
でも読んでみたい!!
白夜行は東野さんの作品の中で、かなり好きな方なので
この作品は、興味津々です~♪

投稿: RARE | 2006年11月15日 (水) 23時49分

>RAREさん
分厚い本なんですが、不思議とすぐに読み終えてしまいました。
オススメです!

RAREさんもいろいろと東野圭吾の作品を読んでいますよね。
オススメ、今度教えてくださいね♪

投稿: みち | 2006年11月16日 (木) 19時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/32371/4181795

この記事へのトラックバック一覧です: 殺人の門:

« 質屋のチャリティーセール | トップページ | マッキーマウス »