« 亀屋万年堂 | トップページ | 韓国旅行日記 その3 »

2006年10月31日 (火)

韓国旅行日記 その2

■10月23日(月)
この日は朝からホテルのシャトルバスで梨泰院へ。
革製品が安価でオーダーメイドできるというので、わたしは靴、パインはジャケットをオーダーしてみました。
びっくりしたことに、パインのジャケットはその日のうちにできてしまいました。
サイズもピッタリで、ちゃんとできていました。ヒマだったのかな?(笑)

ちょっぴり早めのお昼ご飯をとるために東大門(トンデムン)へ移動。
ここではタッハンマリを食べるのが目的です。(雑誌TITLEでは「タックハンマリ」と書かれていました)
タッハンマリは韓国へ行くと必ず食べている料理です。
鶏一羽という意味で、その名の通り鶏が丸々一羽、お鍋に入ってきます。韓国版の鶏の水炊きのようなものなのかな??
わたしたちがお店に入ると、鶏の入った洗面器のようなお鍋がドカッと目の前に出されました。
このお鍋には鶏の他にネギ、じゃがいもが入っています。

Photo_230

お店の人が鶏をハサミでパチンパチンと切ってくれ、ぐつぐつ煮立ったらできあがり。
酸っぱ辛いタレを作ってくれるので、そのタレをつけて食べます。
お鍋のスープがとてもおいしいので、そのまま食べてもおいしい!!!
地元の人はなにを入れているのか、お鍋が真っ赤でした。(笑)

最後にお餅、ごはん、うどんなどを入れることもできます。
わたしたちはうどん(ククス)を入れて食べましたが、これまたおいしい~!!!
パインは今回の旅行で「鶏が一番おいしかった」と言っていました。

困ったことに、このお店は日本語が全く通じません。
飲み物を頼むのにも一苦労・・・。
「Green tea」と言っても「Tea」と言っても「ウーロン茶!」と言ってもダメ。
結局通じたのは「コーク」
コーラは全世界共通ですね。(笑)

鶏でお腹がいっぱいになった後は、仁寺洞(インサドン)散策。
お土産などをいろいろ見た後は、前々から行きたかった「イエッチャッチプ」でお茶をしました。
イエッチャッチプは小鳥が飛び交っている店内で、お茶を飲むことができるそうなんです。
入り口が2階と1階の2箇所あったので、わたしたちは1階へ入ってみました。

店内はやや暗めで、レトロな雰囲気。歩き疲れた時に落ち着くのにはいい雰囲気です。
そんな中、わたしは梅茶、パインは五味子茶を注文しました。
お茶と共にお茶請けが出されます。
どちらも甘さ控えめのお菓子なので、お茶の甘さが引き立ちます。

お茶はとってもおいしいのですが、気になるのは小鳥が飛んでいないこと・・・
お店の人に「小鳥は?」と尋ねてみましたが、日本語は全く通じませんでした。
どうやら、小鳥が飛んでいるのは2階の方だったようです。(涙)
1階は鳥かごに入った小鳥が何羽かいました。

↓左が五味子茶、右が梅茶
Photo_231

長くなりそうなので、明日につづきます・・・

|

« 亀屋万年堂 | トップページ | 韓国旅行日記 その3 »

コメント

美味しそうなものばかりですね~。
韓国って、やっぱり美味しいものが多いです。
日本語が通じないなんて、コアなお店ばかり行かれたのですね。
梅茶がとても気になります。
どんな味なのですか?

投稿: あばた | 2006年10月31日 (火) 21時51分

>あばたさん
韓国の食事は日本人の口に合うものが多いですよね!
さすがに韓国人のようにキムチをバクバク食べることはできませんが・・・(笑)
梅茶は梅のシロップ漬のエキス(?)をお湯で割ったものなんです。
甘酸っぱくて、似た味をどこかで味わったことがあるような気がするのですが、わかりませんでした~

投稿: みち | 2006年11月 1日 (水) 21時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/32371/4017761

この記事へのトラックバック一覧です: 韓国旅行日記 その2:

» オレンジジュース [ジュース]
ジュースについて [続きを読む]

受信: 2006年11月 7日 (火) 19時45分

« 亀屋万年堂 | トップページ | 韓国旅行日記 その3 »