« 初めての経験 | トップページ | 入院日記 その2 »

2006年7月27日 (木)

入院日記 その1

■手術を決めたとき
3月末に体の不調がありました。
原因はわかっていたので「ついに手術をする時が来たかなぁ」という感じでした。
小さなクリニックで受診し、原因は思っていた通り。
もうしばらく様子を見てもいいとは言われましたが、いずれ手術するなら早いうちに・・と決めました。

腹腔鏡手術ができる病院は限られているので、大学病院へ紹介状を書いてもらいました。

4月に大学病院へ行くと腹腔鏡手術は順番待ちで早くて7月17日の週。
この週もたまたまキャンセルがあったために空いていました。
重病人なら緊急ですぐに手術してくれるらしいのですが、日常生活は問題なく送れるので順番待ち。

思えば、この待っている時期が一番イヤでした。

■7月15日(土)
いよいよ入院の日です。
日曜、祝日は入院手続きができないために、無駄に早めに入院させられました。
外泊許可がおりれば帰ってもいいと言われたので、病室に案内されても着替えず待っていました。(笑)
診察後、外泊許可をもらって帰宅しました!!

■7月17日(月・祝)
21時の消灯までに病院へ戻らなくてはなりません。(涙)
病院に泊まるのは初めてなので、あまり寝れませんでした・・・・

■7月18日(火)
7月20日に手術なので、前日の明日になにをするかの説明を受けました。
あとはこれといってやることはなくヒマヒマ。

同じ病室(8人部屋)の人が3人手術だったので、ちょっとドキドキしてました。

|

« 初めての経験 | トップページ | 入院日記 その2 »

コメント

こんばんは~。
記事読んで、思い出しました。
初めて入院した時、すっごくドキドキした事!
同室の患者さんに、どう接したらいいか・・・
今では、入院しても、周りの人の世話が
出来るまでになりましたよ!!
(自慢する事か???)
でも、手術は緊張しちゃうなぁ。。。

投稿: RARE | 2006年7月28日 (金) 00時13分

とにかく、良くなられてよかったです。
手術って怖い。
私は入院も手術も経験がないので、想像ばかり膨らんで・・・(もともと意気地なしです)

最近は腹腔鏡手術が出来るようになって体への負担も少ないようですね。
と言っても、3個くらいは穴を開けるのでしょ?
やっぱり大変だ。
とにかく無理だけはしないでくださいね(*^^*)

投稿: あばた | 2006年7月28日 (金) 12時49分

「10日ほどのお休み」は、海外旅行かと思ってました。
実は、娘も同じ手術をきのう勧められたところで、びっくりしました。病状が同じかどうかはわかりませんが、参考にさせてもらいますね。
楽といっても、手術です、充分に休んで元気になって下さい。

投稿: akeroppi | 2006年7月28日 (金) 18時59分

>RAREさん
周りの人の面倒を見れるなんて、RAREさんは面倒見がいいんですね~。
面倒見のいい人が同じ病室にいると、それだけで明るい雰囲気になりますよね!

>あばたさん
ありがとうございます!

穴は4つあけました。
でも、極力目立たないようにしてくれています。

母が開腹手術を2回やっているので、わたしの回復の早さに驚いていましたよ。

>akeroppiさん
家族が入院、手術をするというのは、本人はもちろん大変ですが家族も精神的につらいですよね。
母が入院、手術をしたとき、わたしはどんどん痩せてしまいました。
今回のわたしの入院で、母は「自分が入院する方が楽だ」と言っていましたし。
でも、家族の愛情が一番のささえになります。
お嬢さんのことでいろいろ心配かと思いますが、体調だけには気をつけてくださいね。

開腹手術をした母を見て思いましたが、腹腔鏡手術は体への負担がホントに軽いです。
開腹手術に比べ、癒着の心配も少ないようですよ。

少しずつ、日記を更新していきますね。

投稿: みち | 2006年7月29日 (土) 11時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/32371/2828887

この記事へのトラックバック一覧です: 入院日記 その1:

« 初めての経験 | トップページ | 入院日記 その2 »