« 着付け練習中 | トップページ | 鳥越神社例大祭 その1 »

2006年6月 8日 (木)

小澤靴店

ダンナさんの革靴のかかとが減ってしまったので、実家の近くにある「小澤靴店」に修理に出しました。
実家の母が「小澤靴店は仕事が丁寧だ」と、何度か利用していたので、いつ頃からかわたしも利用するように・・・。

今回修理に出した際「お金をいただくのだから、納得のいくように修理したい」と、かかとを全てゴムにするか、皮にするか、その違いを丁寧に説明してくれました。頑丈さ、かかとの高さの違い、などなど。
もともとかかとが皮の靴だったし、ダンナさんの希望で皮で修理してもらいました。

このお店は全てハンドメイドなので、今すぐ直して欲しい!とお願いすることはできません。
仕事の入り具合や修理の内容にもよりますが、かかとの修理はだいたい1週間程度。
お値段は相場がよくわからないので、なんとも言えませんが・・・。

実はこのお店、皇室御用達のお店だそうです。
店内にはさりげなく皇室カレンダーが貼ってあります。
でも、まったく気取っていないのがこのお店のいいところ。
前に修理をお願いしたときは、たまたまご近所の方も来ていて「座って行きなさいよ」と椅子を出されて世間話をしちゃいました。
下町の気さくなお店です。
Photo_100

|

« 着付け練習中 | トップページ | 鳥越神社例大祭 その1 »

コメント

私は歩き方が悪いのか、すぐに踵が磨り減ってしまいます。
いつも修理に行くのは、何処にでもある、スピード修理をしてくれるお店。
だいたい、修理をしてくれる靴屋さん自体が近くにはありません。
こうして、丁寧に修理をしていただくと物を大切に扱うってことの勉強になりますね。

投稿: あばた | 2006年6月 9日 (金) 09時54分

>あばたさん
確かに修理をしてくれる靴屋さんってあまりないですよね。
丁寧に修理をしていただいた靴は、ひどくならないうちにまた修理しよう・・って思えるから不思議ですよね。きちんと修理さえすれば、長く履けるんですよね。
あばたさんのおっしゃる通り、勉強になりますよ。

投稿: みち | 2006年6月 9日 (金) 23時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/32371/2132837

この記事へのトラックバック一覧です: 小澤靴店:

« 着付け練習中 | トップページ | 鳥越神社例大祭 その1 »